鹿児島 太陽の里

鹿児島 太陽の里

鹿児島 太陽の里について

働く喜びと生活する喜びを感じることができるサービスを。

日中(生活介護、就労継続B型)の生産活動では、一般企業に劣らない品質仕上げのクリーニング作業を通して、働く喜びを感じ、夜間(施設入所支援)では、食事、入浴、排泄などの一部介助を受けながら、生活する喜びを感じることができるようサービス提供を行っております。

[生活介護支援事業 定員40名]

[就労継続支援B型支援事業 定員40名]

[施設入所支援事業 定員80名]

運営方針

法人理事長兼施設長
瀬戸山かよ子

ご利用者の意志及び人格を尊重して、常にご利用者の立場に立ったサービスの提供に努めると共に、ご利用者の身体及び精神の状況並びにその置かれている環境に応じて必要な保護を適切に行うものとする。

目的

施設入所支援事業

ご利用者が主として夜間において、入浴、排泄、及び食事等に関する相談及び助言その他の必要な日常生活上の支援を行います。

生活介護支援事業

ご利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことが出来るよう入浴、排泄及び食事等の介護、創作的活動又は生産活動の機会の提供等その他の便宜を適切かつ効果的に行います。

就労継続支援支援事業

ご利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことが出来るよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動その他の活動を通じて、その知識及び能力の向上のために必要な訓練その他の便宜を適切かつ効果的に行います。

鹿児島 太陽の里
  • 住所/日置市伊集院町郡杉ヶ迫2075番地
  • TEL/099-273-3211
  • FAX/099-273-2625

施設の特長

特長① 一般企業と同じような環境での生産活動と入所による生活支援との一体的な福祉的就労支援施設です。

県内の病院、福祉施設、ホテルのリネン用品や九州新幹線内のヘッドカバーのクリーニングを一般企業と変わらない品質、仕上がりで行います。最新の設備システムと利用者個々の適材適所により高い工賃支給に取り組んでいます。

特長② ご利用者ひとりひとりの能力を最大限に活かす支援を行います。

クリーニング作業を全自動にするのではなく、あえて作業工程を細かく分けることによって、ご利用者が出来る作業行程を設けています。ご利用者ひとりひとりの能力が最も発揮できる作業行程を見つけ出せるよう支援を行っています。

特長③ 土曜日と日曜日の外出は自由、プライベートな時間も楽しめます。

鹿児島太陽の里は、土曜日と日曜日は外出が自由にできます。日置市内はもちろん、鹿児島市内にも外出することが可能です。土日の外出で心も体もリフレッシュすることができるので、働く喜びと生活する喜びをともに感じることができます。

特長④ 自治会活動もあるのでご利用者同士の交流がさかんです。

鹿児島太陽の里、太陽の里にはご利用者が自ら組織する自治会があります。1年毎に会長、副会長、その他役員を決めます。また、自治会には生活部、体育部、文化部、園芸部があり、それぞれの部が1年間の目標を決めて活動しています。

特長⑤ 素材と手作りの味にこだわった家庭的な料理が評判です。

日々の食事から行事食まで生鮮食材や全国の旬な素材を使っています。外食の難しいご利用者に食事を楽しんで頂けるように、四季折々の郷土料理も取り入れ、飽きのこない味付けや盛り付けを心掛けています。

ご利用者のライフスタイル

平日の場合

7:00 起床

点呼後、血圧測定など健康チェックを行います。各自部屋の掃除を行います。

8:00 朝食

食堂にて朝食をとります。その後、朝礼・ラジオ体操を行います。

9:00 作業訓練

作業棟に移動し、クリーニング作業を行います。途中10:30に休憩をとります。

12:00 昼食

食堂にて昼食をとります。その後は各自休憩をとります。

13:00 作業訓練

作業棟に移動し、午後のクリーニング作業を開始。途中14:45に休憩をとります。月・金は17:00まで、火~木は16:00まで作業訓練となります。

17:00 夕食

食堂にて夕食をとります。

17:30 自由時間

部屋で過ごしたり、ホールで仲間と会話を楽しんだり、消灯まで思い思いの時間を過ごします。

土日の場合

起床時間も自由で、ご利用者それぞれが好きなように終日過ごすことができます。園外に外出することも可能で19:30が門限となっています。朝食・昼食・夕食は、希望する方のみご用意いたします。

入浴について

月〜金曜日は、17:30以降が入浴の時間です。介助の必要な方は、作業を早めに切り上げて入浴を行います。土曜日は15:00以降で好きな時間に入浴可能です。日曜日はシャワー浴です。


入所・通所のご案内
求人情報
クリーニング商品
情報開示
JKA競輪補助事業完了報告
無限の夢へ、走りだそう。RING!RING!プロジェクト
 KEIRIN.JP